診療のご案内

当院の新型コロナウィルスを含む感染症対策について

  1. 風通しがよく、窓も多くあるので、換気性の高い空間となっています。室温にもよりますが、基本的に常に窓を開けた状態にしようと考えています。
  2. 待合室も広く設定しており、ソーシャルディスタンスを確保します。
  3. ドクターやスタッフがするグローブは、患者さんごとに使い捨てます。
  4. 紙コップ、エプロンも患者さんごとに使い捨てです。
  5. 診療後のチェア(診察台)や器械をアルコール清拭するタオルも患者さんごとに使い捨てです。
  6. 口の中で使用したドリルなどのハンドピースは、患者さんごとに交換して滅菌します。
  7. 手洗いや手指消毒を励行し、扉や受付台、トイレなどの消毒も定期的に行います。
  8. 患者さんにも検温をお願いしますが、ドクターやスタッフも毎日検温や体調チェックを行います。

虫歯や歯周病(保存治療)

当院は、今残っている歯をなるべく残す治療(保存治療)を専門とする歯科医院です。

保険の治療でも、保険外の治療でも、歯の治療には実はいろいろな選択肢があるのです。 重要なことは、ただ虫歯や歯周病の治療を受けるだけでなく、自分の歯が
今どういう状態であり
どういう治療が必要で
今後どうすれば予防できるのか
を患者さんと一緒に共有しながら、治療を進めていくことだと考えています。

保険適用でできる白い歯のブリッジ【2020年4月版】 2020年6月14日 重度歯周病の治療内容、期間、費用のご案内 2020年1月15日 歯周病は自宅で治せるものなのか?うがいや飲み薬で治せそうだけど… 2019年11月7日 歯周病治療の流れ ~治療期間や費用のご案内~ 2019年11月7日 歯周病とは?意外に知られていない歯周病の原因や症状についてご紹介 2019年11月21日 歯周病が心筋梗塞や糖尿病などの全身の病気の原因になるのをご存じですか? 2019年11月18日

こどもの歯の治療(小児歯科)

こどもの頃に歯科医院でちゃんと予防や治療をしていれば「大人になってから虫歯になりにくい」というのは、もはや周知の事実です。 それだけではなく、「見た目・歯並びの美しさ」「歯の寿命」「歯磨きの習慣」「歯医者への恐怖心」など、診察をほとんど受けない子とは全く異なった成長になります。

ご飯をしっかりかんで、人前でも笑顔でいれるようなお子さんの未来を手助けしてあげましょう。

大人の歯の生える順番は?いつ頃どの歯が生えてくる? 2020年5月23日 子どもの歯への不安… 歯磨きや矯正を考え始めるタイミングは? 2020年5月23日 「痛くない治療」のための取り組み 2020年5月23日

審美的な治療

口の中に金属を入れる(歯を金属で修復する)時代はそろそろ終わりが見えてきました。 金属アレルギーの問題だけでなく、鏡の前でも人前でも無理なく笑えるようになると、毎日が少し楽しくなります!!

セラミックによるつめ物やかぶせ物ホワイトニングなど、歯を白く見せるための治療をご案内しています。 保険外治療だけでなく、保険で行える治療もあります。

【2020年4月】保険でできる白い歯の範囲が拡大されました 2020年6月15日 保険適用でできる白い歯のブリッジ【2020年4月版】 2020年6月14日 銀歯とセラミックはどちらがおすすめ?セラミックのメリットとデメリット 2020年1月22日 【2020年改訂】保険適用でできる白い歯の治療 2020年6月5日 歯のクリーニングや歯石取りだけのご相談でもお気軽にお越しください 2020年1月22日

口腔外科治療、顎関節症治療

麻酔や手術と聞くと昔は怖いイメージがありましたが、今は痛みをほとんど感じることなく行うことができます。 昔のように「まな板の上の鯉」のようにいるのではなく、「なぜこの治療が必要なのか」、「どういう流れで治療を行うのか」を理解してから行うことでストレスや恐怖心もかなり軽減されます。

顎関節症(がくかんせつしょう)は、ガクッと耳の前の方から音がしたり、顎が痛くなったりする病気です。 放っておくと頭痛や肩こり、耳鳴りなどお口の中以外の症状にもつながっていきます。 気になる症状を感じるようであれば、相談してみてください。

顎関節症は病院に行くべき?その場合は何科を受診? 2020年6月5日 重度歯周病の治療内容、期間、費用のご案内 2020年1月15日 「痛くない治療」のための取り組み 2020年5月23日

入れ歯(義歯)の治療

歯がなくなってしまった場合、入れ歯(義歯)が必要になります。 義歯を使わないで済むなら使いたくないでしょう。それでも使わなければならない場合には、「はずれにくい」「咬みやすい」「見た目のいい」義歯が必要ですよね。 義歯だからとあきらめず、性能のいい義歯を使用しましょう。

予防・メインテナンス

歯の寿命を長く保つためには、今残っている歯をなるべく残す治療(保存治療)を行い、治療後は定期的に管理していくことがとても大切です。 せっかくお金や時間をかけて一気に治療しても、そのあと何年もそのままにしていると、いつの間にかその治療したところの周辺から悪くなっていて、また全部やり直し…ということも珍しくありません。 そうならないために、「どのように管理していくのか」という治療です。

重度歯周病の治療内容、期間、費用のご案内 2020年1月15日 歯周病は自宅で治せるものなのか?うがいや飲み薬で治せそうだけど… 2019年11月7日 歯周病治療の流れ ~治療期間や費用のご案内~ 2019年11月7日 歯周病とは?意外に知られていない歯周病の原因や症状についてご紹介 2019年11月21日 歯周病が心筋梗塞や糖尿病などの全身の病気の原因になるのをご存じですか? 2019年11月18日