【2020年4月】保険でできる白い歯の範囲が拡大されました

保険の制度は2年毎に大きな改正があります。

歯科では、金属アルレギーやレアメタル消費の問題などから、銀歯をなくす方向への改正がよく見られますが、2020年の改正でも保険でできる白い歯の適用範囲が拡大されました

読みやすいように、先に拡大範囲について説明し、その後、細かい部分について説明したいと思います。

保険の白い被せ物の適用が拡大されました

以前より特例において下顎の6番目の歯が保険適用で白い被せ物にできていましたが、2020年4月より、下顎だけでなく上顎の歯も保険でできるようになりました

6番目の歯が保険適用になる条件

6番目の歯に白い被せ物を保険で入れる条件は、「7番目の歯が上下左右4本全て残っていること」です。

他にも噛み合わせが強すぎないことなどの条件がありますが、ご自分では分からないと思うので診察時に診させていただきます。

もうひとつの特例:金属アレルギー

6番目の歯の被せ物をする際に、白い歯が使えない場合は銀歯になります。
(保険診療の場合)

このため、銀歯に含まれる金属に対してアレルギーを持っている患者さんには、先ほどの条件を無視して白い歯を入れることができます。

ただし、金属アレルギーの診断書が必須です。

この場合は6番目の歯だけでなく、7番目の歯も保険で白い歯にすることができます。

奥歯以外の白い歯について

ここでは条件の難しい奥歯(6番と7番)についてご案内していますが、1~5番目の歯も保険で白い歯にすることができます。

詳しくは次のページをご覧ください。

【2020年改訂】保険適用でできる白い歯の治療 2020年6月15日

保険の白い歯はいわゆる「セラミック」とは違います

保険治療で使われる白い歯の素材は、白い歯の代名詞「セラミック」とは別の素材です。

レジン(歯科用プラスチック)とセラミックを配合したハイブリッドセラミック(またはハイブリッドレジン)と呼ばれるものが使われています。

ハイブリッドセラミックのデメリット

ハイブリッドセラミックには次のようなデメリットがあります。

  1. 強度が十分ではないため、脱落(とれる)、破折(われる)、摩耗(すりへる)のリスクがあります
  2. レジン(歯科用プラスチック)部分が変色しやすく、長く使っていると色が気になります

デメリットが気になる場合はセラミックをおすすめします

セラミックで治療すると、上で挙げたハイブリッドの問題点を全て解決することができます。

ただし、現在の保険制度では保険適用となりません。

銀歯とセラミックはどちらがおすすめ?セラミックのメリットとデメリット 2020年6月15日

なぜ全ての歯を無条件に白い歯にできないのか

前から5番目の歯までは特別な条件なしで白い歯にすることができますが、6番目と7番目については特例の場合のみ保険適用となります。

これは6番目と7番目の歯にかかる噛み合わせの力が強いためです。

なので、「7番目が4本とも残っている場合」のみ白い歯を入れることができるわけです。

今回のように適用範囲は年々拡大していっているので、いずれは条件が緩和、さらなる適用範囲の拡大がされるかもしれません。

保険の白い被せ物(奥歯)の値段

3割負担の場合、約8,000円です。

ここに初診料、再診料などが加わるので、約10,000円と考えてください。
(初回と装着の2回受診の合計金額です)

奥歯以外の白い歯の料金については次のページでご案内しています。

【2020年改訂】保険適用でできる白い歯の治療 2020年6月15日

保険の白いブリッジについて

ブリッジは1本で完結する被せ物に比べて非常に複雑なので、ブリッジ専用のページを作りました。

中切歯から第一小臼歯(前から1~4番目までの歯)を失った場合には、保険でも表側が白いブリッジを作ることができます。

第二小臼歯(前から5番目の歯)を失った場合は、条件付きで白いブリッジが保険適用になります。

それより奧の歯は基本銀歯のブリッジです。 詳しくは次のページでご確認ください。

保険適用でできる白い歯のブリッジ【2020年4月版】 2020年6月15日

最後に

保険でできる白い被せ物の2020年4月改定以降のお話をしました。

なるべく分かりやすくご説明したつもりですが、もし分からないところがあればお気軽にご相談ください。

ご相談・ご予約は次のリンクからお願いします。

今後とももんのうち歯科クリニックをよろしくお願いいたします。

24時間ネット予約 電話で予約